Blog

エミ&マリの四国・紀伊半島を巡る自転車の旅 (パート2/2)

11月15日 本州へ渡る大事な日  ( 77 km / 標高差300 m ) 今日はフェリーに乗って紀伊半島へ渡る大事な日。自転車で和歌山から紀伊半島を回って、最終的には京都へと戻る予定なのだ。宿主のアドヴァイスに従い、徳島港からフェリーに乗ることにする。宿から22キロほど走って港に着くと、我々自転車組が一番乗りだ。係員がしっかりと自転車をベルトで固定してくれる。私達は客室に乗り込み、2時間余りの船旅を楽しむことになる。 快晴の空の下、船揺れもほとんどなく正午過ぎにフェリーは和歌山港に到着。 これから日高町の宿まで55キロあまりの距離だけれど、冬は陽の入りが早いのでフェリーから降りてすぐに走りだす。しかし和歌山市は広い街なので、予定していた道路を見つけるのにけっこう手間取ってしまった。まして、海岸沿いの道路には大型トラックばかりが走っているので、自転車で走るのは快適とは言い難い。ようやく走り易くなったのは、目的地の20キロ手前からだった。それまでは大型トラックを避けるために歩道を走ったりしたので、平均速度は余り上がらなかった。目的地に近づいてきたら、右手に海を見ながらいくらか気楽に走れたものの、「安全」とは言えなかった。そして否応なく陽が沈んで行く。未知らぬ土地で陽が暮れてからのサイクリング(それも結構な荷物を積んで)は快適とはいいがたい。こうなったら宿までコントル・ラ・モントル ( タイムトライアル ) のような気持ちでスパートだ~。 がんばってペダルを踏んだものの、陽がとっぷりと暮れてから宿に到着。 宿主が「隣町にある温泉にはいって疲れをとったら?」と言ってくれたので、彼の運転する四駆に同乗して、海からさほど遠くない山の中の温泉に出かける。温泉にどっぷりと浸かって疲れを取ってからの帰り道は、四駆の中でイルカの「なごり雪」(日本語の歌も少しは覚えているのです・・・) など日本の歌を歌いながら帰途につく。宿に戻って部屋に案内されてビックリ!伝統的な日本の住まいの部屋で、どうやら屏風の絵は手書きらしい・・・。まるで江戸時代にタイムスリップしたかのように、お姫さまになった気分で熟睡する。 11月16日 日本のギリシャとカリフォルニア  ( 60 km / 標高差 400 m ) 昨夜は外が真っ暗になってから宿に着いたので、今朝になって改めて泊まっている宿の様子を探る。朝食をとりながら宿のオーナーと話をすると、どうやら2年前に海の見えるカフェを開いたとのこと。そして彼らはジャズのファンで、「クールな生活」が信条らしい。まぁ、カフェの内部の雰囲気が彼らの趣味をよく表していると思う。飼い猫達も、暖かいカフェに入ろうとしたりしていて茶目っ気がある。 この宿はいくつかの建物で構成されていて、そのうちの一つには百才に近い祖母が住んでいる。私達もこの祖母と日本語で少し話をしたのだが、話の最後になって彼女はようやく私達が日本人ではないことに気がついたようだった。たぶん彼女は気がつかなかったと思うけど、この事は我々のエゴを大いにくすぐったのである。そんなことに気をよくしながら一日が始まった。 そうこうするうちにオーナーが「昨夜すごく景色の良い所を通ったのだけど、暗くて何も見えなかったから、今朝天気の良い時に行ってみたらどうですか」と言うので即決、荷物は宿に残して自転車で20キロ余りの大引方面へのランとなった。自転車で走ってみると、海岸線の景色はまるでギリシャのようなのでビックリ!こんな素敵な寄り道なら、いつでもやってみたい。 朝ランを終わって宿に戻り、荷物を積んで宿に別れを告げ、これからひと山越えて御坊を通過し、目的地の南部を目指して海岸線の道を走る。道路脇には温室が林立し、海岸線には椰子の木が並んでいる景色はまるでカリフォルニアだ。日没ちょっと前に南部にある宿に到着。ここのオーナーはレストランも経営していて、宿には6つの部屋がある。宿泊施設は最近改修されたばかりなので新しく、お風呂場もピッカピカなので、ドブーンとつかって汗を流す。 食事は近くのコンビニで仕入れてきた「麻婆どうふ」で、ママにとっては新たな発見のようだった。ただ、彼女にとってはちょっと辛口のようだったようだけれど。 11月17日 白浜半島を目指して  ( 60 km / 標高差 350 m ) ここの宿のオーナーは料理屋も経営しているので、それに甘えてしっかりとした和食の朝食をとる。そしてママはと言うと、コーヒーを飲まないと調子が出ないので、コーヒー作りを手伝ってやる。 燃料タンクが満タンになったので、白い砂浜のある観光地として有名な白浜半島へ向けて走り出す。日本の海岸線は、津波からの防御を考えているのか、砂浜は少ないけれども、ここは細かい砂の砂浜だ!おまけに近くには「アドベンチャーワールド」と言うテーマパークがあるので世界中のツーリストが訪れている。この砂浜でアイスコーヒーを飲んで小休止。おりしも、中国人観光客と思われる人達が周りの景色などは全然見ないで、写真をバチバチ撮っているのを目のあたりにする。 さて長居は禁物、これから地形的に珍しい千畳敷を目指して走りだす。そして、かつては海賊の目印となってたと言われる三段壁の断崖も見たい。途中女性サイクリストのグループに出会う。その中の一人は、かつてフランスで働いていたそうで、ちょっと話し込む。別の女性は我々のエネルギーとなるように飴の差し入れをしてくれた。どういうわけか、走ってる最中に会う人は我々に飴をくれたがるようだ。(笑) このちょっと観光地すぎる場所から速やかに離れるべくペダルを踏み込む。しばらく走ると、ほとんど忘れられたような浜辺に着いた。早速フロントバックからおにぎりを取り出し、冷えたカルピスも添えて昼食にする。もう少しノンビリしたいなぁと思ったけれども、今日の宿はまだ遠いのでサドルにまたがる。昨日のように真っ暗になってから宿に着くのはもうコチゴリだから。それでも宿主は我々の到着を心配して道路脇で待ってくれていた。今日はこの宿には私達2人しかいない。港で夕焼けの写真を撮り、夕飯を済ませ、それからテレビで相撲の実況中継を少し観て、今回は畳の上に布団を敷いて就寝。 11月18日 串本を経由して新宮まで  ( 72 km / 標高差 200 m )Lire la suite « エミ&マリの四国・紀伊半島を巡る自転車の旅 (パート2/2) »

エミ&マリの四国・紀伊半島を巡る自転車の旅 (part.1/2)

11月6日 自転車との出会い 今日はこれからの自転車旅行の要となる自転車との出会いの日である。ラッキーなことに、京都の自転車ショップ<I‘s bicycle>経営の土屋夫妻から<Grand Bois>のランドナーを借りることができたのである。この自転車ショップの店構えも品揃えも素晴らしいけれど、土屋夫妻はほとんど毎年のようにフランスにやってきていて、自作のランドナーでConcours des Machinesのイヴェントに参加したり、今年(2019年)はParis−Brest−Parisにも専属ライダーが出場して完走している、実力派なのである。自転車と出会ってすぐに分かった事は、自分たちの持ってきたキャンプ用品は運ぶのが無理だと言うこと。そこで必要最低限のものだけをもっていくことにした。フロントにサコッシュを2つ付け、そしてフロントバック。余った荷物は土屋夫婦に預かってもらうことにする。 自転車の分解、そして再組み立ての仕方をしっかりと土屋親方から教えてもらい、自転車を輪行袋にしっかりと詰め込んで、土屋夫婦と昼食に出かける。昼食後は京都駅へと向かう。京都駅から福山まで自転車と一緒に新幹線での移動。もちろん京都・大阪近辺での交通量が多く、自転車で走るのにはあまり適していない道路を避けるため。夕方には福山の宿に到着。ビールで乾杯し、カレーの夕飯をとる。お腹を満たした後はシャワーを浴びてベッドイン。いよいよ明日から自転車でのアドベンチャーの始まり… 11月7日 自転車旅行の始まり: 福山=尾道 30km/140m+ 今日は自転車旅行の初日なので、緊張のせいか朝の7時に起床する。今回の旅行で初めてのライドなので、もう胸はワクワク。ママは自転車に乗るのは慣れているけれど、私はどちらかと言えば歩く方が得意。それでも、昔自転車に乗っていた時代があるので、その感覚を呼び戻しつつ出発準備をする。まず今朝の私の役目は、輪行袋に入っている「2台の自転車を組み上げること」!昨日、土屋親方からしっかり教えてもらっていたので、問題無くスムーズに2台とも組み立て完了。 本日の目標は極めて単純。福山から尾道までの30キロ余りの道のりで、自転車に取り付けたバックがしっかりしているかとか、結構な荷物を積んだ自転車が乗り易いかどうかを試すこと。それにもまして大切なのは、慣れない土地での方向感覚を身につけること。そして尾道からは、いよいよ本州と四国を結ぶ幾つかの島々を繋ぎ渡る「しまなみ海道」が待っている。折しも天気が快晴だったこともあり、しまなみ海道沿いの宿は週末全て満員だという事が分かり、急遽予定変更。今夜は尾道で宿泊することにして、街中の散歩と決め込む。これで街の高台にある「猫の細道」も散歩するする事が出来るし。そして明日は、一気にしまなみ海道を突っ走るのだ。ともかく、当初予定していたキャンピングを諦め、順繰り宿泊場所を見つけることに変更したのは、結果的には正解だったと思う。なぜかと言うと、確かに当日の宿を探すのに時間がかかったり、余分に走らなければいけなかったりしたけれども、そのおかげで予想もしなかった景色に出合えたり、あるいは思いもよらなかった親切な宿に泊まれたりしたから。この日は、まずスマホにダウンロードしておいた自転車用の道路検索アプリのテスト。ちょっと走ってみて、このアプリは自動車の少ない道路を選んでいるようだが、そのかわりにきつい勾配の坂道を選択している事に気がついた。10キロほど走ったら、荷物のせいで重くなった自転車を降りて押さなければいけない坂道に遭遇。それでも車は少ないし、日本の田舎道の魅力満点だし、そうこうしているうちに昼飯にありつける場所に到着。 早目に尾道に着き、伝統的なスタイルの宿に到着。狭い道路が密集した地区は、まるで別世界!宿に荷物を残し、自転車を安全な場所に保管し、街の散策へと出かける。「猫の細道」は予想以上に素晴らしかったし、高台からのパノラマ風景は絶景だった。 11月8日 しまなみ海道を走って四国へ 80km/500m+ 今日はいよいよ、70キロに渡って幾つかの島を橋で結んで四国へと延びる、しまなみ海道を走る日だ。ママは随分と昔から、この街道を走りたかったらしいけれど、ようやく実現の運びとなる。天気は暑くも寒くもなく、自転車日和のよう。ひと時代前の宿で熟睡できたので、朝早めに出発し、しまなみ海道の出発点までフェリーに乗る。朝食は道中摂ることにする。 しまなみ海道の自転車道は、車道とはしっかり分離されているので、道路に従って安心して走れるのでとても快適。そして、道路沿いには店があったり、みかん畑があったりして楽しい。 通過した橋はみな大きすぎるような気もするけれど、特に最後の来島海峡大橋は4キロもの長さがあるので驚いた。でも自転車が安全に走れるようになっているし、景色はパノラマで見えるので言うことなし。 80キロほど走り今晩の宿に到着。この宿はサイクリストのセンターのようなものだが、今夜は我々2人のみ。ここの窓からの景色は海だらけで素晴らしい。 11月9日 海岸から山岳地へ 60km/250m+ 今日は四国の山岳部へアタック。でも、坂登りの初日なので、山の麓にある個人宿が目的地。宿は四国の北西の所にあるので、綿のタオルで有名な今治の街を横切りながら海岸沿いを走る。道路沿いは水田とみかん畑だけれど、ある地点でGPSに載っている道路が存在しないことが分かり道に迷う。仕方がないので道端にいる80才代の農家の人に尋ねたら、流暢な英語で道を教えてくれた。ただこの道路は自動車の数は少ないものの坂道がキツかった。 車が少なくてよかったのもつかの間で、急に勾配がきつくなり「登りきれるかなぁ」と言う疑問が頭をもたげてくる。それでも何とか頂上まで登り詰め、あとは畑と森の中を通過する下り坂で、目的地の新居浜までほとんど我々二台の自転車しか走っていなかった。最後は本当に昔風の小道を走りゲストハウスに到着。気のおけないおじさんが我々を迎え入れてくれた。夕食はトンカツ。食事の後はお風呂にドップリとつかり、まるで赤ちゃんのように熟睡した。 11月10日 本格的な山岳地へ 50km/600m+ 今日の目的地は祖谷渓なので、いよいよ峠越えをする日である。大抵の山岳地がそうであるように、道路の選択肢が少ないので、今回は私達もトラックとかダンプカーと一緒に走らなければならない。選んだ道は高低差が割合少ないものなのだが、問題がひとつある。それはトンネルが存在すること。そして、このトンネル内を自転車で通過することが可能かどうか、ということが判明していなかった。ともかく自転車には前後に照明が付いているし、バッテリーランプも携行しているし、蛍光ベストも着ているので、とりあえず走り出した。ママの頭の中では、パルパイヨン・トンネルでの悪夢がよみがえっていたらしい。そうしたら何の事は無い、件のトンネルにはちゃんと照明があり、何の問題もなく通過できた。悪夢のParpaillon トンネルと言うのはフランスはアルプ・ドゥ・オートプロヴァンス地方にあるイタリア国境に近いD39T県道にある、道路が凸凹で照明もない真っ暗なトンネルの事である。果たしてこのトンネルはそれ以降、安全対策が施されたのかはどうかは知る余地もないけれど・・・。 確かに上り坂は容易ではなかったけれど、勾配がそんなにきつくなくコンスタントだったので、最初の足の筋肉のつっぱりがおさまる頃には、ペダリングのリズムも軽快になり、さほど無理することもなく目的地の銅山渓谷に到着することができた。祖谷渓へのアプローチ地点とでも言ったらよいだろうか。 ただ標高が少し高くなり酸素が薄くなっていたせいなのか、私たちの行動はちょっとおかしくなっていた。ママはどうしても道端にあった公衆電話を使ってみたいと言い出すし(フランスではもうほとんど存在しないから、気持ちはわかるけど)、私はガソリンスタンドで無性に燃料補給をしたくなった。 今晩の宿は樹の上にでも作られたような不思議な形をした建物である。まるでリスの宿のよう。でも宿内の雰囲気は若々しくて和気あいあい。そしてどういうわけか、お客とスタッフの半分はフランス人だった。こんな山の真っ只中の宿なので、夕食は宿が用意したカレーをいただく。そして食事を終わると、まもなく早目に床に着いた。 11月11日 かずら橋との出会い 30km/520m+ バックパッカー向けの樹の宿でひと晩熟睡できたので、今日はかつて世界選手権も行われたカヤックの名所である、銅山川沿いを走ることにする。銅山川にはいくつかの橋がかかっているが、その強度には疑問が持たれるものもあったものの、時には道路を離れてママと2人で橋を渡り谷を流れる渓流の輝きを見ることもあった。 今朝はいつもと違い、しっかりと朝ごはんを食べなかったので、11時ごろにラーメン屋を見つけたので、早めの昼食にする。この辺は観光名所の大歩危、小歩危渓谷へ電車でアクセスできるようになっているので、観光地の雰囲気。ここでは「自然派」とでも言うべき日本人に出会ったが、私たちの自転車巡礼者のルックでも違和感がなかった。 食後の再スタートはちょっときつかった。それは今日の登坂区間である峠越えが、乗用車や大型トラックの多い狭い道路だ、ということにも起因している。なので、ただひたすら祖谷渓にたどり着いて、あの驚くべき「かずら橋」に出会うことを考えて走った。実際このかずら橋は、本当に蔓を編んで作られている吊り橋なのだ。このかずら橋は、伝統的な技術によって毎年新しい蔓に交換するのだそうだが、凄いことだと思う。例によってこの橋を渡ろうと思ったのだけれど、1)横断は有料 2)中国人観光客で満員、ということで断念。でも秋も深まり、美しい紅葉の中でこのかずら橋は際立っていた。 このかずら橋の近くで宿を見つけたのだが、なんとこの宿のオーナーは先ほどラーメンを食べた店の近くで見かけた「自然派」の人だった。そしてこの宿の夕食は自炊なので、持ち合わせの材料で何とか食事を作る。そして世界は狭いなと感じたのは、フランス人の客がいて、それもシクロツーリストだということ。久しぶりにフランス人同士で、お互いの自転車旅行の感想をだべり、早めの寝床入りをした。 11月12日 祖谷渓へ 65km/300m+ ようやく待ちに待った祖谷渓を走る日だ。この渓谷は巡礼地として有名だし、いくつものの聖地があるものの、私たちにはこの渓谷の雄大さと、その美しさだけで充分だし、神秘性とでも言ったものが伝わってくる場所でもある。 上り坂を走っていると、脇の谷を見下ろすところにマヌカンピス像を見つけた。でも、どうしてこんなところにこの像が置かれているの良くかわからなかったけれど… 。道路は典型的なワインディングロードだが、だんだんと谷川が近くに見えてきたので、川まで下りて水の様子を確かめてみる。この渓流の水は本当に純粋透明で飲めそうな気がした。 祖谷渓の景色を堪能したあとは、渓谷を東に向けて走る。今日の宿は脇町である。この町で一泊することにしたのは、その後の私たちの行程にとってちょうど都合が良い場所だからである。 脇町まではわりあい道幅の広い一本道だけれど、なんといっても車が多かった。そんなわけで、道路脇の緊急停車用の部分を走らざるをえなかった。折からの追い風に押され、大型トラックのスリップストリームにも助けられて、久しぶりに平均速度は上昇していた。道路沿いの景色には、これっと言ったものがなかったので、ちょうど良かったのかも知れない。 脇町に着いて本当に驚いた。まるで300年前の日本の町の風景がそのまま残っているようだったからだ。(後日、フランスでロックダウンが実施された時と同じ位、人の姿が目につかなかった) この脇町の宿のオーナーはとても鷹揚だった。というのは、オーナーの祖父母の使っていた家を私たち2人で独占させてくれたのだから。夕食はしっかり走ったあとなので、ボリューム満点のものを作りビールで乾杯。 11月13日 鳴門へ向けて 65km/150m+鳴門での一番の見ものは、なんといっても潮の満干の大きさから生まれる渦潮。潮の満干には決まった時間があるので、今日の目標は高潮の時に鳴門に着くこと。この13日金曜日に渦潮の発生する時間帯は正午から午後2時までの間なのだ。脇町から鳴門までは、ほぼ60キロなので朝9時に出発。簡単に鳴門まで行けると思ったのだけれども、ちょっと誤算があった。それは自動車の数が多いのと、ときおり渡る橋の勾配がきつかったこと。それでも、なんとか見晴台に着いたものの、渦潮現象がちょうど終わるところだった。渦潮の写真を撮ったが、あまり良く写っていない。この渦潮現象の理想的な観察方法は、船底をガラスで覆われた船に乗って見学することだろうけども、あまりに「観光、観光」しているので、もちろん敬遠する。 街はずれにある鳴門公園の近くにサンパな宿を見つける。この宿は私たちにとっては四国最後の宿泊所なので、休息も考えて2泊することに決める。そして、その後は再び本州に渡る計画なので、四国の素晴らしい海岸と好天を満喫する。 11月14日 鳴門でのカルチャー散歩 数日前に出会ったフランス人たちが, 驚くべき美術館が鳴門にあるとのことを話してくれた。それは、日本のセラミック業界の大手企業が、千点以上もの世界中の美術作品を現物の大きさでタイルに焼き付けて再現したものなのだそう。それはあたかも美術館内にとどまりながら、世界中の有名美術作品を見て回ることができると言うこと。その美術館は、宿から歩いて45分程のところにあるので、散歩がてら出かけてみることにする。そして散歩しながら、砂浜に自分がこの地にやってきた足跡を残すことも忘れなかった。 美術館に入っみて本当にビックリした。あのシスティナ礼拝堂が原寸大で再現されているばかりではなく、他にもいくつものタイルに再現された作品があるのだから・・・。これは実際に見てみないと、驚くべき感動は伝わってこないと思う。 美術館をあとにして、その周辺を散歩しながら宿に戻り、明日はフェリーで紀伊半島へ渡る予定なので、乗船の準備をして四国での最終日が過ぎる。


Abonnez-vous à mon blog

Recevez directement le nouveau contenu dans votre boîte de réception.

Créez votre site Web avec WordPress.com
Commencer
%d blogueurs aiment cette page :